機材管理部

仮設機材は建設現場に必要不可欠なものであり、それが適切であるかどうかは、機材の品質とその使用方法にあります。私たち、三信産業グループでは、お客様に安心していただくために、日々仮設レンタル機材の品質向上に努めています。

そのために「安心の可視化」をキャッチフレーズとして、機材の品質を可視化しています。返却品、整備品、修理品、製品などの区分を明確にするとともに、すべてにおいて機材表示を行っています。

検収

返却された仮設機材は基準に準拠して検収し、整備品、修理品、洗浄品などに分類します。検収は、当社検収員資格を保有した者が行います。

整備

整備は整備基準に従って行い、製品検査後製品として梱包し保管します。中核センター以上には自動ケレン機を配置し、整備の効率化を進めるほか、熟練の整備担当者が整備をおこないます。

修理

修理品は、プロの職人によって適切に修理され、規定の検査に合格した場合、製品としてリユースします。

洗浄

洗浄品は、超高圧洗浄機によって塗装汚れやコンクリート汚れを取り除き、検査後、製品としてリユースします。

センター長会議

弊社17機材センターでは、毎月センター長会議によって情報交換と勉強会を行い、全センターの標準化を推進しています。

適用工場認証取得

仮設機材を取扱い全センターは。(一社)仮設工業会の適用工場を認証取得しています。

モデル工場認証取得

(一社)仮設工業会の認証制度として全国でも有数のセンターがモデル工場を取得していますが、当社では大分南機材センターと、福岡機材センターがこのモデル工場の認証を受けました。
福岡機材センター

(H21.01.01 モデル工場取得)

大分南機材センター

(H21.01.01 モデル工場取得)

三信産業株式会社は、1974年(昭和49年)に大分県で初の建設仮設機材リース・レンタル会社として設立し,今日まで営業してまいりました。平成21年1月、その機材管理への実績とこだわりが評価され、一般社団法人仮設工業会(本部:東京)の仮設機材管理「モデル工場」の認定を取得しました。リース・レンタル会社における認定は、九州で2社目、全国では5社(7センター)目です。弊社は更に、お客様へ安心、安全をお届けするために「安心の可視化」を実現してまいります。

仮設機材モデル工場とは

一般社団法人仮設工業会が認定する称号で、適用工場のなかでも特に機材管理、安全管理、場内管理などが優れモデルとなるセンターに対して、適宜審査を行い認定されるものです。

パンフレットダウンロード

機材管理モデル工場認定証