三信産業グループが目指すもの

  • HOME »
  • 三信産業グループが目指すもの

私たち三信産業グループが目指す理想の姿とは、お客様と仕入れ先様、そして弊社が三位一体となった究極的にトライアングル構造を形成することです。どの業種においても原料を仕入れ、付加価値を付けて市場にご提供する商流は不変のものです。

この原理から仮設機材のレンタル・リースを考えると、原料である仕入れ先様、そこに付加価値を付けて提供する弊社があり、安心と安全をお届けするお客様がいる形を描いています。また、機材センターで製品の整備をおこなっていただいています協力会社様や、工事協力会社様も、この仕入れ先様として欠かせないパートナーであると考えております。

総務室

弊社は、昭和49年に建設仮設機材のレンタル・リース業として始まりましたが、今ではビケ工事を行う株式会社二豊ウイング、そしてアルミ機材を専門に行う九建リース株式会社の共同歩調によってお互いの特徴を補完し合い、そしてすべてが成長するスキームを作っています。

また、近年の地球環境問題でクローズアップしております省資源、省エネに対応し、太陽光発電システムの施工・販売、その他のサービスも手掛けています。これらすべてが有機的に共調することによって、三信産業グループ全体の力が発揮できると考えています。

私たちが目指す企業とは、いろいろな事業を通じて社会貢献することはもちろんですが、社員一人ひとりが成長し、共調の心と独立独歩の精神を養うことがもう一つの目的でもあります。一日24時間ある中で、一般的に多くの時間は社内で各自の仕事に使っています。その仕事は各役割と責任に応じて配置され、仕事を通じて自己実現の機会を得ています。

企業が社員・協力会社の方々を大切にし、人が人らしく生きるために企業としてできる限りの支援を行っていくことが肝要です。素晴らしい社員が沢山いる企業、それを育成し支援する企業こそが三信産業グループが目指している方向性なのです。